バドミントンのユーザーとショップをマッチング

女性にもオススメ!エアロナットシリーズ軽量モデル【エアロナット7000I】

製品概要

SPEC

メーカー リーニン(LI-NING)
素材 カーボンファイバー
カラー ピンク/パープル
最大張力 29lbs
価格 ¥22,000+税
サイズ W1

AERONAUT7000IはMIXダブルス世界ランキング1位の中国ファン・ヤチョン選手が使用していたことで、日本でも発売前から話題に上がることが多かったラケットです。

さらには、マレーシアのゴー・リューイン選手も使用することとなり専用カラーのラケットまで発売されました。

2名ともバドミントン界で美女として有名なことから、このラケットは美女が使用するラケットとしても有名です(笑)

AERONAUT7000Iは女性向けなのか、はたまた男性でも使えるのかLI-NINGのラケットはまだまだ使用者が少ないと思いますので、公式スペック・実測スペック・ラケみるスタッフの実打からしっかりレビューしていきます。

是非とも最後までお付き合いくださいませ。

テクノロジー

AIR STREAM SYSTEM

フレーム下部、5時と7時の箇所に4つの独自の空洞を搭載することにより、断面積が18.7%、空気抵抗が8.2%減少。4つの空洞は空気抵抗を有効に軽減し、スイングスピードをより加速させます。

LI-NING独特のフレーム構造『風洞設計』、人気の秘訣でもあります。

STABILIZED TORSION ANGLE

スイートスポット以外でのショットにより生じるねじりを軽減させるため、バドミントンラケットフレームに高弾性のデザインを採用しました。スイングの精度を大幅に向上させます。

CUBIC LOCKING

長方形グロメットを採用。ストリングの安定性が向上し、衝撃をより効果的に吸収。

特徴的な長方形のグロメット、傘の部分にはロゴがデザインされており細かい所のデザイン性も◎

実測スペック表

実測スペックの公開となります。

メーカーの公称スペックを確認したい方はこちらから。

 

www.funport.co.jp
404 Error - Not Found
http://www.funport.co.jp/li-ning/AN7000i.html

 

注意点測定時はアンダーラップ1周、グリップ、ガット (LI-NING NO.1 30ポンド)の状態で、なるべく普段使いの状態と同じ状態を再現しています。

図りや重さもなるべく小数点まで出していますが多少誤差が生じるのはご容赦ください。

重量89.69g
全長670mm
ヘッドバランス77
シャフトしなり係数39
面圧56~54
フレーム厚(縦)6.21mm
フレーム厚(横)10.33mm
形状ボックス
(穴あり)
グロメットタイプ四角
グロメットホール数72
グロメットタイプ四角
グロメットホール数72ホール
面(横幅)
※張り上がり後
200mm
面(縦幅)
※張り上がり後
255mm
シャフトの長さ215mm
グリップの長さ210mm
シャフト径(ジョイント付近)11.35mm
シャフト径(中央付近)7.05mm
シャフト径(グリップキャップ付近)7.17mm

フレームについて

やはり一番に目を引く『風洞設計』が特徴と言えます。

フレーム自体はがっつりとボックス形状で振りにくそうな印象を受けますが、この構造がそれを感じさせないほど空気抵抗を減らしてくれています。

 

 

 

シャフトについて

シャフトはLI-NINGのシャフトの硬さ5段階中の真ん中で、一般のラケットよりもやや柔らかいくらいです。

軽量ですが、かなりヘッドヘビーなのでそのあたりがどう影響するかは実打レビューで解説したいと思います。

カラーリング

なんとも鮮やかなピンク色が特徴です。

リーニンのラケットは発色が良くカラーリングも他メーカーと違ってセンスが良いと思います。

ちなみに写真はゴー・リューインモデルのラケットで、通常色はパープル・ミントと奇抜なカラーリングで発売当初は話題になりました。

 

 

実際に使ってみた!

実打レビュー

まず、持った時の感想は、このラケットが本当に5Uの軽量ラケットなのか信じられないほど重いです。

これはメーカー公称スペックにもある通り、バランスが322mmと他に見たことがないほどの超ヘッドヘビーだからです。

何も知らずに使えば、半分以上の人は3Uのラケットだと騙されるでしょう(笑)

逆に言えば、3Uのラケットくらいの使い勝手を5Uのラケットでも再現出来ているということですから、普段重いラケットを使っている方の買い替えはオススメできます。

それでは詳しく解説していきましょう。

 

パワー&トルク

まずシャフトですが、かなりヘッドヘビーなのでしなりすぎるのではないかと使う前に気にしていましたが、その心配は要らないようでした。

やはり軽量だからなのか少し硬いと感じるくらいでした。

フレームも少し硬いのか、打球感自体も硬めです。

面も安定していると思います。

322mmという前代未聞のバランスから繰り出されるショットはとても5Uのラケットとは言えないでしょう。

軽量ラケットの弱点を見事に克服している良いラケットだと思います。

 

コントロール

いくら5Uの軽量ラケットとはいえかなりのヘッドヘビーであることから、ネット前での使いやすさが危ぶまれましたがその心配も必要ありませんでした。

おそらく、シャフトが柔らかすぎないのはこのためでしょう。

ファン・ヤチョン選手もゴー・リューイン選手も前衛でプレーすることが多いですから、この辺りは考えられて設計されているんだと思います。

面も安定していますし、コントロール面では悪くはないと言えます。

 

振り抜き

軽量、ヘッドヘビー、風洞設計のおかげで振り抜きはかなり良いと思いますが、さすがにヘッドヘビーすぎるので少し体力が要ると思います。

ラケみる総評:男女レベル関係なくオススメできるラケット

今回、ご紹介したAERONAUT7000Iは5Uの軽量ラケットでありながら3Uのラケットだと勘違いするほどの使い勝手でした。

これは322mmという見たこともない超ヘッドヘビーなスペックのおかげでしょう。

例えるならトンカチのようなラケットです(笑)

ラケット自体は軽量で、バランス・フレーム形状からシャトルが飛びやすいので女性にオススメできます。

それよりもオススメしたい層は男性の上級者です。

軽量であり小回りが利いて、ショットは軽量ラケットとは思えないほど走ります。

普段3Uのラケットを使っていて、軽量ラケットを試してみたいとあれば是非使ってほしい1本です。

LI-NINGの軽量ラケットのクオリティーが非常に高いと感じる1本でした。